なんでもスマホ

電車に乗っていたら、だれもがスマホを見ていた。
ひとりだけスマホをテーブルに置いて気にしつつも新聞読んでるおっさんもいたが。
そのおっさんはわあつぃの横にいたから分かったけど、あれも遠くからならスマホやってるように見えたかも。
でも他の人は間違いなくスマホ見てて、なんだこれー、ってなった。

猫も杓子もスマホですかーーー、って。
誰かと乗り合わせてもそれぞれがスマホってどうよ。
お話ししなさいよ。お友達なんでしょ。
小さな声で話せば迷惑にはなりませんよーー。

スマホでやりとりしてるとも限らんが、、、そんなの悲しい。

もっとこう、、、なにか楽しいことしませんかーー?
どうしてスマホなの?WiFiがきいてて便利だけど、そこまでして見なくてもいいような。

スマホで育児したりとか、なんでもスマホ。。。
そんな世の中でいいのかー。
家でもスマホ見てるのかー?
食事中もかーー。
なんか、、、それが普通になっていくのが恐ろしいのです。
会話がない世の中というか、舌みてスマホいじってるのが日常って。。

いまだにスマホ持ってない人もいるというのに。
そういう世の中になていくのですかね、、、誰か教えてください。

プリントアウト

家にあるプリンターが壊れてしまい(というか、動かなくなった・・・いや、動くけどおかしい)、
しかたなく図書館でプリントストすることにしました。
そこに行くのは面倒だし、少なからずお金もかかる。
でも会員になっててよかった、と思ったし、こういう時じゃないと本も看ないですね。

本棚にある本を手にとる、ってことがなかったのでなんだかいい時間でした。
とはいえ、プリンターがおかしいままでは困るんだけど、
今のところ直す気はないのでほうっておこう(!)。

図書館通いもたまにはいいものだ。
車で行けばいいのだし。
ということで、動かない(いや、動く)プリンターのある家からわざわざ図書館へ行っているのでした。
悪くないですよ、歩こうと思えば歩けるし、いい運動にもなってます。
そう思わないとやってられません。

そこで他の人をみて人間ウオッチング、コーヒーでも飲めたら最高だなー。
でも本は借りるだけで、コーヒー飲みたい場合はカフェに行かなくては。
近くにあるからいいんだけどね。
そういう時間も大事だねー、そう思いました。
壊れたプリンター、ありがとう(!!)。

身体を小さくする?

身体を小さくすると、食べ物も少なくて済むし、地球のエコにもなるんだ、
などという理屈で科学者が人間を小さくする研究をして成功。
・・という映画を、見ましたか?
マット・デイモンが出ている「ダウンサイジング」です。
私は見ました。

なんていうか、「あり得ない!」って話ですけど、大真面目に演じてるしマット・デイモンだし(笑)で見てしまった。
結局はエコについて考えさせられる、というか、ボランティア精神も考えましょう、みたいなところもあってそれはそれでよかったかな。

相手役の女の子の英語の訛りも可愛かったし(あれってわざとかな?)。
それに、マット・デイモンも普通の、、、なんていうのか、
さえない中年オトコを演じていたのも素敵。
「グッド・ウイル・ハンティング」からすごい役者だなと思ってたけど、
今は本当になんでもこなす人になりましたね。

小さくなれば大きな夢がかなえられる、って信じてたけど、
奥さんは途中でやめちゃうし、小さな人達が集まるところでも
恋愛は失敗、隣の家のパーティで毎晩大迷惑をこうむるし、
いいことない感じでしたが、、、、みたいなストーリー。
私は普通の世界で(!)身体が小さくて生きてますけど、
身体が小さいからって食べ物が少なくて済むかって・・・そんなことはないし、
良いことはあまりない気がします。

映画では13センチにまで小さくなりますが、あれで普通の生活が出来るまでの環境を整えるのに大変だと思う。
誰が洋服とか作ってるんだろう?とかね、、そんなことを考えながら見ていました。
マット・デイモンが好きな人はぜひ見てください!
さえないオッサン約ですが、、、でも恰好いいです。本当だよ。

ノルウエーも。。

別にノルウエーという国がこれをやったわけではないのですが(笑)、
ノルウエー王室のメッテ=マリット王太子妃が、体調不良に見舞われていたんですってね。

綺麗な人です。
仕事も出来るんですって。
いいですねー。
おっと、そこじゃなくて。

マリット妃は、病状について「素早く振り向くと、
世界の全てが揺り動き始める様な感じでした。
汗をかき始めて吐き気がし、早期閉経が来たのかと思いました」
「食べ過ぎの状態で、デンマークに行くフェリーボートに乗っているみたいな気分でした」
、、、ですって、、、笑

でもメッテ=マリット妃の症状は更年期障害によるものではなかったんですね。
診断された病名は「回転性めまい」。

なかでも「良性発作性頭位めまい症」と呼ばれる内耳の病気が原因だったのです。
メッテ=マリット妃によると、症状が始まったのは
昨年秋にきつめのフィットネス・トレーニングを始めてからだと言うが、
急激な運動が発症に影響したかどうかは定かではないとかです。

気を付けてもらいたいですねー。

綺麗な人がゆえに???

スコーンを焼いた!

家でスコーンを焼いてみました。
なかなか上手にに出来たのですが、塗るジャムがなかったというオチ。
でもなんでもいいんだよねー。
ジャムがなかったらバターだけでもいいし、それもなかったらハチミツでもいいのだ。
そのまま食べたって美味しいスコーンです、特になにか塗らなくても充分食べられる。
特にね、焼き立ては格別です、家のなかにおいしーーい匂いが立ち込めて、
出来立てを食べる、

なーんて贅沢なんでしょう!!

ほっぺた落ちます。ほんとに。、

またなくなったら作るけど、別のアジにしてもいいね!
ニンジン入れて作ってる人もいるので、パンプキンとか、そういうので「作ってみようかな。
健康そうでいいじゃないか。

言えにオーブンがある人はぜひスコーン作ってみてくださーい。
美味しいですよーー。

イベント告知

フェイスブック・ページなどで告知する時に注意すること、などを学んでいました。

Facebookのイベント ページを作成すれば、 Facebook上で簡単にイベントの告知や集客ができます。
告知するだけではなくてイベントの参加者確認や、
参加予定者とのやりとりもイベント ページ上でおこなうことができるんです。

イベント・ページから招待メールを送ることもできます。
また、イベントの入場にチケットが必要な場合はチケットを購入できる URLを入力することも可能です。

イベントページを作成して終わりではなくて、イベントの招待メールを送ったり、
イベントをシェアするといった方法で周知を広めて、イベントを成功に導くのだ。

でも、これがなかなか難しかった!

どんなお店でも集客には手をやきますわ。
皆で協力してやっていけばいいけど、足を引っ張る人もいて。。。溜息。。

イベントの告知しただけで嫌なコメント入ったりもするらしく、
そんなことがあると気がめいって、仕事にチカラが入らない。

でも、やらなかったら必要な人のところに届かない。
ジレンマです。

でも、やるしかない!

おおモテだった

デヴィ夫人がどれだけ美しかったか想像できますか?
今も美しいですけどね、若い時はそりゃーーもーーーすばらしく綺麗です。

綺麗だけじゃなくて、頭もいい。
あー見えて(?)言語も達者。

デヴィ夫人は実は裕福とは言えないご家庭に生まれた努力の人だということをご存知ですか?
たぐいまれな美貌からインドネシア大統領に見初められて、
結婚・亡命と激動の人生をたどります。

50年代にお父さまが他界したのをきっかけに高校を中退。
赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」で働き始めるのですが、
そこですかあるの大統領に見初められて(ということになってる)結婚です、
いやー、すごい。

その頃はおおモテだったらしい、だってすごい美人ですものね。

おおモテ期は結構続くようですが、若くして人妻になってしまったし、
大統領がなくなるまでは妻として仕えたみたいですな。

デヴィ夫人は今もおおモテみたいですよー。

ブラックカード

相当な収入のある人たちが持つことが出来るという、ブラックカード。
あの神田うのさんは何枚も持ってるそうです。

アメリカン・エクスプレス社」(American Express)が、
2002年に日本で最初に発行したのがブラックカードの始まりと言われています。

収入のある人たちの彼女とかでも使えるという噂ですが、うーん、どうなんでしょう。

単なるクレジットカードとしてのアイデンティティだけではなく、
カードを保有することがセレブの証明書とも言えるブラックカード。
 
一説では年収1,000万円〜2,000万円以上の方でないと持つことができない、
と言われていますが、それならたくさんいそうですね。

こういうカードを作るのには、最初か?、、、年会費が100万を超す事もざらにあるようです。
それは、お金持ちからしたらなんでもないことでは?

こういうのを使っている愛人?・・・は、いったいどうやって使っているのでしょうね。
よく分からない。
分かっても自分は使えないのでどうしようもないんですけど(!)。

今は冬だけど。

膝が痛くて、どうも変形性膝関節症だと思われるのです。
そういう日知が夏にしてはいけないこと、というトピックがあがっていました。

中高年以降の方で、「変形性膝関節症」と診断され、
膝の痛みで日々の生活に支障をきたしている方が増えています。
女性に多い疾患ですが、重症患者では人工関節の手術適応になる場合もあります。

痛みを感じ始めてから早期に治療やリハビリをおこなうことで、
痛みの改善や手術の回避は可能です。
しかし、変形性膝関節症を訴えている方が、
夏場に気をつけないといけないことがあります。

実は日々の何気ない生活の中で返ってご自分で症状を悪化させてしまっている可能性があります。

簡単なことでした。

冷やすな。。

エアコンの影響とか、寝てる時に足を冷やすな、ってことでした。
そうですよねー、冷えはいけません。

ということで、夏はエアコン禁止。
冬は特に冷えに注意、です。
膝で問題を抱えてる人は要注意です!


苦悩

死刑執行人という職業??っていっていいのか、、、そんな仕事がありますね。
誰もこれになりたいなんて人はいないと思うけど、とにかくある。

法務省の刑事局から「死刑執行命令書」を受け取ると、
すぐに所長や管理部長、保安課長・教育課長の上司が執行刑務官を4、5名ほどの人選をし、
保安課長から命じられるのだそうです。
うわぁ;

執行は「死刑執行命令書」を受け取ってから5日以内と決められている。
ただ命令書を受け取った次の日に執行したり、5日ぎりぎりで執行したりと決まっていないというけど、
だいたいはすぐに執行されるんじゃ???詳しく知らないけど。

12畳ほどの広さの「別れの間」があり、祭壇が置かれ、
中央には花で飾られた阿弥陀如来(あみだにょらい)の仏画が掛けられいて、
奥の白いカーテンを開けるとそこが刑場で、約8畳位の広さ、中央の床には1mの四角の踏み板があり、
そこに死刑囚を立たせる。

いよいよ、、って感じですが、ここまででも嫌な感じだ。

そういう苦悩を味わってやめていく人も多いとか。
そりゃそうですよねー泣

こんあ嫌な仕事はないでしょう。